顔ダニはニキビの原因?

顔ダニはニキビの原因?

誰の顔にも住み着いている顔ダニ。

ウワサでは聞いたことがあるかもしれませんが、ウワサではなく本当にいます。

ただし、とても目に見えるような大きさではありません。

 

正式(学術的)には「ニキビダニ」といいまして、比較的表面部分(皮脂腺の導管部が開いているところ)に

「ニキビダニ(体長約290μm。6~8匹います)」

 

もっと奥の皮脂腺内部に

「コニキビダニ」(体長約200μm。単独で寄生)

 

がいます。

 

こうしてここを見ている間にもモゾモゾと顔でうごめいています。

 

なーんて書き方をしましたが、基本的には顔ダニは無害で、それどころか顔の皮脂を食べてくれるので、ニキビを防ぐ役割を担ってくれているのです。

 

「え?でも顔ダニがニキビの原因だって聞いたけど?」

 

ですよね。

何年か前に顔ダニ退治用の洗顔ソープが大流行したくらいですし。

 

問題は、顔ダニ本体ではなく、その「排泄物」

その排泄物をきちんと洗顔で洗い落とさないと、当然毛穴の内部に溜まっていってしまいます。

なのでゴシゴシ擦らずに「キメ細かい泡」で洗顔するのがポイントになるのです。

 

ちなみに、顔ダニは先ほど書いたように毛穴の内部にいますので、洗顔したところですべて退治できるわけではありません。

多くても一回の洗顔で退治できるのはだいたい30%ほどと言われています。

 

「じゃあ3回やったらほとんど消える?」

 

というわけでもありませんし、そもそも全部退治したら逆に肌のためにはよくないのです。

ちなみに顔ダニは夜行性で、寝ている相田に皮膚に残った餌(皮脂)を食べて繁殖します。

肌が生成させるのも夜寝ている間ですので、うまいことできてますよね。

 

ですので、「就寝前の洗顔」がきちんとできてないとか、きちんとすすがずに洗顔料が顔に残ってしまっていると・・・・

 

夜中に大量繁殖します。

 

つまり、

  • 就寝前に洗顔をきちんとしない
  • 顔ダニが大量繁殖する
  • その分排泄物が増える
  • 毛穴が詰まって
  • ニキビの一丁あがり

 

ということになります。

 

ニキビケアの第一歩は「お休み前の正しい洗顔から!」

キモに命じてせっせと洗顔に励みましょうね!

 

背中ニキビ関連キーワード