ニキビと生理の関係

ニキビと生理の関係

「生理になるとニキビができる!」

ウンウン、とうなずいているあなたのために、そのメカニズムをお伝えしましょう。原因がわかれば対策のしようもあるってものですもんね。

ではまず、先にこれをお伝えしておきましょう。
実は、生理前のニキビに対して特別にできるケアなどありません。(汗)

仕方が無いというより、ニキビができるのが正常なのであって、基本的には避けて通れないものだと思ってください。

では、生理のときにできるニキビのメカニズムについてご説明しますね。
簡単に書けば『ホルモンバランスが崩れるから』ということなのですが、それがどう崩れるのかを詳しく見てみましょう。

 
1)生理が始まる前の14日間

皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるため、肌がオイリー傾向になり、毛穴がつまりやすく角栓ができやすくなる

2)生理が始まる

皮脂の分泌量はピークに達し、毛穴がひらいたり、にきびが急に悪化したりする

3)生理2日目

プロゲステロンの代わりにエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になり、皮脂も落ち着き毛穴も締まってくる

※エストロゲン:肌のターンオーバーのリズムを整え、美しく保つ効果の高いホルモン
4)生理開始から数えて7日目~14日目

エストロゲンが上昇する時期で、肌の調子がもっともよい時期

5)排卵後

排卵を迎えたあとは、次の生理までの間またプロゲステロンが優位になり、肌がアブラっぽくなったりにきびができ始めたり、と毛穴まわりが騒々しくなってきます。
これが女性のホルモンバランスとお肌の関係性です。

この肌サイクルを理解しておけば「ある程度の対策」を取ることができますよね!
え?さっき「特別にできるケアはない」って書いてなかったかって?

そう、その通り。

特別なケアはありませんが、普通に気をつけてニキビケアをすればOKということなのです。

また、生理中のニキビが悪化するのは、免疫力の低下で細菌が繁殖しやすくなってしまっているというのもあります。

なので、取れる対策としては、
・生理の約2週間前(項目1)から、普段よりこまめに洗顔すること

・食生活や便秘に気をつけること

・ストレスや睡眠不足などに気をつけること
それでもどうしてもニキビができてしまった場合は、「悪化させないようにする」ということが大事ですね!

手で触らない、枕カバーはこまめに変える、などなどちょっとしたことの積み重ねで

「キレイなお肌」

は作られていきます。
がんばりましょう!(メンドクサイけど)

 

背中ニキビ関連キーワード