ニキビ予防の紫外線対策

ニキビ予防の紫外線対策

紫外線、といえばシミ・ソバカス!!

 

若い頃は小麦色の肌もいいものでしたが、大人になると話は別。

紫外線は、太陽ギラギラの夏に限らず、毎日の暮らしの中で肌を責め続けています。

 

そして、シミ・ソバカスや皮膚ガンの原因になるというのは常識なのですが、実はニキビにもむちゃくちゃ関係があります。

紫外線は適度に浴びないと体に悪いですし、一応(殺菌の観点から)ニキビ予防にもあるといわれていますが、やはり浴びすぎると肌へのダメージは免れません。

 

ご存知の通り、ニキビは毛穴が皮脂や古くなった角質でふさがれてしまってできるのですが、それには「活性酸素」が関わってきます。

 

で、紫外線の影響で活性酸素を生じるので、できてしまったニキビが紫外線を受けて炎症を起こし…。

悪化して赤ニキビへに発展する可能性があるのです。

 

これだけですと「活性酸素ってなによ」という話にもなってしまうのですが、それよりももっと重大なことがあります。

実はニキビの炎症を起こしているアクネ菌(いわゆるニキビ菌)は…。

 

  • 紫外線を感知すると増殖する
  • それとともにポルフィリンという毒素を産出する
  • なので、さらにニキビが悪化する

これは怖い!

 

実はあまりこのことを存じない方が多いので、ニキビができてるのに陽にあたってさらに悪化してしまうのですねー。

「南国の人ほどニキビの発症率が高い」という話もあるくらい、紫外線はニキビに影響しているのです。

 

そこで!

紫外線対策の基本、日焼け止め(UVカット剤)の出番です。

 

割と、日差しの強さを基準に日焼け止めを選ぶ方が多いと思いますが(もちろんそれでもいいのですが)、「ニキビ対策として」重要なのは

 

肌に負担を与えないこと。

 

日焼け止めに入っている紫外線吸収剤の成分が強すぎると、肌の酸化を促して肌に負担を与えてしまうのです。

あと、日焼け止めに入っている油分が毛穴を詰まらせてしまうと、今度は「ニキビ対策」としては逆効果。

 

ということで、

  • 紫外線吸収剤の入っていない日焼け止め
  • 油分の強いものは避ける
  • 当然、ニキビの上には塗らない

がニキビケアとしての日焼け止め選びのポイントとなります。

 

一般的にはSPF値の高いタイプは油分が多く含まれることがあるので、

  • SPF15~20くらい
  • もしくはオイルフリー

あたりを目安に選びましょう

 

紫外線対策は「肌が焼けちゃう」という観点だけじゃなくて、ニキビケアの観点からもしっかりと肌に合う良いものを選びましょうね。

 

背中ニキビ関連キーワード